プラズマクラスターってカビにも効果あるの?その真実を確かめよう

プラズマクラスターはカビに対してどのような効果があるのでしょう。シャープ(株)が開発し、エアコンや空気清浄機などに用いられ、森林浴のようなきれいな空気の代名詞として使われているプラズマクラスターを、検証していきましょう。

プラズマクラスターって知ってる?

プラズマクラスターの特徴

自然界に発生しているイオン(+か-の電気を帯びた原子)を電極で人工的に発生させたもの。

イオンは空気中にあるカビ菌やウィルスなどに付着し、組織を分解、働きを抑制してくれるとてもありがたいもので、部屋の空気をきれいに保ってくれるのです。空気清浄機・エアコンなどにとどまらず、冷蔵庫・掃除機・ドライヤーなどの家電製品にも活用されています。

具体的には

  • 空気の清浄
  • アレルゲン(カビ菌・ダニの死骸等)の除去
  • 消臭、臭い原因菌の抑制
  • 静電気除去
  • お肌のケア

のような効果があります。

価格の相場はどれくらい?

2~3万円程度の機種が人気となっています。

空気清浄機の廉価版(シャープFU-30 プラズマクラスター7000)⇒12,500円。

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%97-SHARP-%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%BA%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC-%E7%A9%BA%E6%B0%97%E6%B8%85%E6%B5%84%E6%A9%9F-FU-30P1-W/dp/B00AUWXHMQ

加湿空気清浄機の人気機種(シャープKC-F50 プラズマクラスター7000)⇒20,800円。

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%97-%E5%8A%A0%E6%B9%BF%E7%A9%BA%E6%B0%97%E6%B8%85%E6%B5%84%E6%A9%9F-%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%BA%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E6%90%AD%E8%BC%89-%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88-KC-F50-W/dp/B0149Z0XD0/ref=sr_1_1?s=home&ie=UTF8&qid=1484223306&sr=1-1&keywords=%EF%BD%8B%EF%BD%83%EF%BD%8650

(価格はAmazon参考。価格は変動しますのでご注意ください)

ただ、利用環境(部屋の広さなど)や機能(加湿機能付きなど)を確認して、ご自分の生活環境に適した機種を選ぶのがベストです。

どこで入手するのがお得?

  1. 家電店で購入⇒値引き交渉が可能。店まで行く手間、持ち帰る手間がある。
  2. ネット販売で購入⇒値段は提示額のまま。商品を家まで届けてくれる。

外出や値引き交渉が苦にならない人は、家電店での購入がお勧め。

そうでない方も、購入前に一度は家電店に行き、商品に精通している販売員の話しを聞いておきたいところです。ホームページやカタログではわかりかねる商品の特性や、購入者から寄せられた生の声が聞けたりして、意外な発見がありますよ。

電気代はどれくらいかかるの?

プラズマクラスター7000搭載の空気清浄機の場合、

風量「弱」24時間運転時で1日約2円~7円、風量「強」で1日約25円~35円。

機種によって差はあるものの、ずーっと「強」運転だと結構な電気代になりますね。

運転し始めの1時間程度は「強」(タバコ臭のない家では30分程度でOK)、その後は「弱」もしくは「中」での継続運転がコスト的にいいでしょう。

プラズマクラスターの基本的な効果を知ろう

空気の汚れを浄化

空気中へのイオンの放出により浮遊細菌(カビ菌・ウィルスなど)の働きや、アレル物質(ダニの糞・死骸など)の作用を抑制してくれます。これによってカビの増殖や胞子の飛散、アレルギー症状の緩和が期待できます。

部屋の中のイオン濃度が高くなれば、まるで森林浴をしているような状態になりますので、とても心地良い空間が広がります。

付着臭の消臭や浮遊臭い原因菌の作用を抑制

衣類についた汗臭の消臭やタバコの付着臭の除去など、イヤなにおいをカットしてくれます。

また、部屋干しの生渇き臭にも有効ですので、部屋干しをする際には、清浄機を洗濯物のそばに移動するのがお勧め。

もちろん空気中の原因菌も撃退しますので、部屋の中の臭いも万全です。

静電気を抑える

誰でもバチバチ君は苦手ですよね。

プラズマクラスター(7000)は、運転開始から約10分程度で空気中の除電を行い(風量「強」運転の場合)、静電気を抑制してくれます。

冬季のように乾燥している時期は静電気がとても起こりやすいので、継続運転をすることにより、帯電しやすいドアノブなどを安心して触れるようになります。

お肌にハリ・ツヤを与えキメを整える

家ではスッピンの方が多いのではないでしょうか。乾燥した空気は、手入れをしていないお肌にとって大敵です。肌水分の減少によりシワができやすい皮膚になりかねません。

プラズマクラスターには加湿やイオンによって空気乾燥を抑え、肌水分量を保つ効果があります。(プラズマクラスター25000加湿空気清浄器にて30分以上運転した場合)

加湿により部屋の空気に潤いを与え、皮膚の乾燥を防ぎ、イオン効果によりリラックスした肌に整えてくれる。女性にとっては大きな味方です。

カビが発生する条件はコレだった!

湿度が65%以上

一般住宅の年間平均湿度は30~80%(浴室以外)と言われています。

文部科学省のカビ対策マニュアル実践編によると、湿度が70%に達するとカビは数ヶ月で繁殖、75%を超えると繁殖速度が急激に早まり、90%ではわずか2日で目に見えるようになる(温度25度時)。という結果が提示されています。

湿度が65%以上の環境がカビの発生・繁殖に拍車をかけているのです。

ダニの糞や死骸など餌となる養分がある

カビの繁殖には湿度(水分)の他にも栄養分が必要となります。

付着したすべての場所から栄養分を補給しつつ、空気中のダニの糞や死骸をも栄養分として摂取し繁殖します。カビを放置しておくと、ダニもカビを栄養分として摂取し生育しますので、カビ⇔ダニの最悪の悪循環が成立してしまうことになります。

人間が快適な温度がカビ菌にも快適

低温、高音を好むカビもありますが、カビが一番繁殖しやすい温度は25~28度。人間にとって快適な温度環境が、カビにとっても最適な環境だったのです。

ジメジメして高温多湿となる梅雨時。外気温との温度差で水分が付着する冬時のサッシ周りや北側の部屋。カビにとっては繁殖する条件が揃う季節と言えますね。

プラズマクラスターがカビに与える効果とは!?

浮遊カビ菌を除菌

プラズマクラスターが放出するイオンは、空気中に浮遊しているカビ菌に付着し、組織を分解、機能を減退させ除菌をしてくれます。

付着カビ菌の増殖を抑える

すでに発生しているカビは、付着場所から養分を吸収しつつ、空気中のダニの糞や死骸をも栄養として摂取し、新たな胞子の付着などによりさらなる増殖をします。

プラズマクラスターのイオン効果により、空気中の菌を除去し、きれいな空気にすることで空気中からの栄養補給を断ち繁殖を抑制します。

カビの発生を抑える

カビが発生しないように普段からの清掃を心がけることが大事ですが、空気中の浮遊カビ菌や胞子を取り除き、新たなカビの発生を抑制することも必要です。でも目に見えない菌を人間が除去することは不可能です。

プラズマクラスターのイオンは、カビの増殖・発生のメカニズムのすべてに関与し、付着前の空気中で無効化してくれる優れものです。

ダニの糞・死骸の浮遊アレル物質を抑制

カビの空気中の栄養分となる浮遊ダニアレルゲン(ダニの糞や死骸)の働きを抑制することによりカビの増殖を抑えてくれます。

またこれらアレルギー物質の除去作用により、人間のアレルギー反応も緩和されます。

黄砂に付着しているカビ菌をキャッチ

「黄砂に付着し、喘息やアレルギー反応を引き起こすビルカンデラ菌(カビの一種)の発育を抑制」《(株)食環境衛生研究所がシャープに委託され検証した結果》

黄砂は2月~8月頃にかけて大陸から飛来し、ピークは3月~5月頃となります。まさしく花粉症の時期やカビの大好きな梅雨時にやってきます。細菌やカビ菌やPM2.5をしょい込んだやっかいな砂ぼこりです。

でもこれらにもプラズマクラスターは有効なのです。ちょっと時間はかかりますが、8時間連続運転後には、ビルカンデラ菌の99%の抑制効果が検証されています。(そのほかの化学物質や細菌にも効果が確認されています)

プラズマクラスターがカビに効果をもたらす仕組み

浮遊カビを除去して除菌する

プラズマクラスターで作られた水素のプラスイオン(H+)と酸素のマイナスイオン(O2-)が浮遊カビ菌に付着すると表面で反応し、活性酸素の中でも最も酸化力の強い物質(OHラジカル)に変化し、カビ菌を撃退してくれます。

プラスとマイナスの両方のイオンがあってこその効果です。プラズマクラスターならではですね。

浮遊カビの分解にはイオンが重要

従来の空気清浄機は風を起こし、本体のフィルターで除去していましたが、すべての空気がフィルターを通過しなければきれいな空気にはなりませんでした。

プラズマクラスターはイオンを空気中に放出することにより、浮遊カビや細菌などを撃退・無効力化し、フィルターで取り除くという方法で、フィルターのみでの除去から空気中での除去という画期的な方法を用いています。イオンがなければできない撃退方法です。

高濃度化により浮遊カビを分解除去し抑制

空気中にある浮遊カビをキャッチするにはイオンの数が多ければ多いほど捕まえやすくなります。

イオンの高濃度化が浮遊カビの効果的な抑制効果につながるので、単発的に空気清浄機を稼働するのではなく、継続的な稼働がお勧めです。

浮遊アレル物質の作用を抑制

気管支喘息やアトピーなどのアレルギー疾患の元になる浮遊ダニアレルゲンの働きを抑制し、吸い込んでも人体のアレルギー症状を緩和する世界初の効果が検証されました。

(シャープ(株)と広島大学大学院 先端物質化学研究科グループとの共同検証)

喘息やアトピーなどのアレルギー疾患をお持ちの赤ちゃんや、小さなお子さんのいる家庭にはとてもうれしいニュースではないでしょうか。親ならずとも、子供が苦しむ姿は見たくありませんものね。

プラズマクラスターのみでカビ抑制効果はある?

効果はあるが万全ではない

カビの増殖抑制効果があることは証明されましたが、すでに発生しているカビやわたぼこりの清掃は必須です。「プラズマクラスター+部屋の清掃」により、イオン効果を最大限活用し、カビの無い清潔な我が家にすることができます。

正しい知識を得てカビのない生活を手に入れよう

プラズマクラスターの効果のカギを握るのは「人間」です。

どんなにプラズマクラスターが優れものでも、喚起をしない、掃除をしない、散らかしっぱなしの部屋では十分な効果が得られません。そればかりか、人間がカビの繁殖をサポートしているようなものです。きれいに掃除をし、カビを十分にふき取ってプラズマクラスターを使えば、綺麗な空気が充満している清々しい空間を保ってくれることでしょう。