インドメタシンの効果とは?副作用も要チェック

インドメタシンの効果って、肩こりや筋肉痛だけなんでしょうか?よくCMでも見かけますが、どういうメカニズムで肩こりが治るのかも気になります。どんなタイプがあるのか、副作用の心配はないのかなど、インドメタシンの概要について、検証してみました。

インドメタシンとは

インドメタシンとは、痛みや炎症の元となる物質が体内で作られるのを抑制する薬です。医師の処方せんがないと手に入りませんでしたが、薬局でも購入できるようになり、肩こり薬のコマーシャルで見聞きしたことがある人も多いと思います。

インドメタシンの効果と効能

インドメタシンは非ステロイド性の抗炎症薬です。その具体的な効果がどのようなものなのか、見ていきましょう。

解熱効果

炎症や発熱を起こすプロスタグランジンという物質があります。インドメタシンはその合成に関与しているシクロオキシゲナーゼという酵素を阻害し、プロスタグランジンの生成を抑えてくれます。

その効果で、解熱の効果が得られます。

鎮痛効果

プロスタグランジンは痛みの元になる成分でもあります。その生成を抑えることで炎症が収まり、痛みを鎮める効果が期待できます。

炎症を抑える効果

炎症が起こっている部分にはリンパ球などの炎症細胞からプロスタグランジンが放出され、これが痛みや発熱などの炎症の原因になっています。炎症の元となるプロスタグランジンの生成が疎害されることで、炎症が抑えられます。

効果が期待できる疾患

インドメタシンで効果が得られる疾患の主なものは、次の通りです。

関節リウマチ

インドメタシンは痛みを止める作用をするもので、関節リウマチを治癒させるものではありませんが、痛みが強く動きが制約されている患者に効果があるとされています。効き目が早く、関節リウマチ患者の生活を改善するのに役立ちます。

脊椎症・変形性関節症

脊椎症・変形性関節症は中年以降に起こる老化現象とされています。老化によるものなので、治療は対処療法になり、痛みや炎症が起きた場合にはインドメタシンがそれを和らげることができます。

腰痛症

インドメタシンは即効性のある痛み止めなので、腰痛の痛みを軽減するのに役立ちます。腰痛の原因は様々なので、根本原因を見つけ、インドメタシンの対症療法を併用しつつ治癒させることが必要です。

前立腺炎・膀胱炎

前立腺炎・膀胱炎は細菌の感染によって起こる病気です。炎症を起こすため、インドメタシンで症状を鎮めることができます。医師の診断を仰ぎ、抗生剤などでの治療も必要になります。

インドメタシンの副作用

インドメタシンは効果が大きいものですが、副作用も強く現れやすいです。その主なものをご紹介しましょう。

食欲不振・吐き気・嘔吐

インドメタシンは消化器官への負担が大きいとされています。消化器系で起こる副作用には、食欲不振や吐き気、嘔吐などがあげられます。

腹痛・下痢

同じく消化器系で腹痛や下痢が起こる場合もあります。これらは重症化すると、消化管潰瘍、胃腸出血などになる場合もあるので、使用を中止して医師に相談するなどしてください。

頭痛・眠気・めまい

神経系に副作用を起こす場合もあります。頭痛や眠気、めまいなどが起きたときは、使用を中止しましょう。

胃潰瘍・胃からの出血

初期の腹痛などの副作用が重症化すると、胃潰瘍や胃からの出血が起こる場合もあります。このような場合は、直ちに使用を中止して医師の診察を受けてください。

発疹やアレルギー症状

副作用は発疹やアレルギー症状など、皮膚に出る場合もあります。過敏症の方や、薬物アレルギーがある方は服用前に医師に相談しましょう。

これらの症状が起こった場合は、使用を中止して医師に相談することをおすすめします。

インドメタシンの使用上の注意

妊娠・授乳中の方への投与

妊娠中および妊娠の可能性のある方は基本的に使用できません。授乳中の方も注意が必要とされています。医師に相談の上、使用しましょう。

服用してはいけない場合

インドメタシンを服用してはいけない場合があります。具体的にあげられているものを抜粋しました。

  • 消化性潰瘍がある
  • 重篤な血液の異常
  • 重篤な肝障害
  • 重篤な腎障害
  • 重篤な心機能不全
  • 重篤な高血圧症
  • 重篤な膵炎
  • インドメタシンの成分に対して過敏症の既往歴がある
  • サリチル酸系化合物(アスピリン等)に対し過敏症の既往歴がある
  • アスピリン喘息(非ステロイド性消炎鎮痛剤等による喘息発作の誘発)又はその既往歴がある

慎重に服用すべき場合

服用を禁じられてはいませんが、慎重を要するものも列記されています。以下の場合です。

  • 血液の異常や出血傾向がある、肝障害や腎障害があるか、その既往歴のある人
  • 心機能異常がある
  • ・高血圧症がある
  • ・膵炎の人
  • ・過敏症の既往歴がある
  • ・てんかんを持つ
  • ・パーキンソン症候群等の中枢神経系疾患のある人
  • ・気管支喘息のある人
  • ・SLE(全身性エリテマトーデス)の人
  • ・潰瘍性大腸炎の人
  • ・クローン病の人
  • ・高齢者

長期の服用

インドメタシンは対症療法の薬です。一時的に痛みや炎症を和らげるために用いるものなので、病気の根本治療は別に行いつつ、長期の服用をする場合には医師に相談することをおすすめします。

インドメタシン配合の座薬

インドメタシンには座薬もあります。効果としては他の薬と同じく、痛みのもとになるプロスタグランジンの生産を抑えて、痛みを鎮める作用があります。使用後1~2時間で効果が現れる、即効性のある薬です。

用法と容量

1回に25~50mgを1日1~2回を目安に直腸内に挿入します。量や回数は年齢や症状に応じて調整してください。最大使用量は1日200mgまでとされています。高齢者への使用は低体温によるショックの危険もあるので少量から使用してください。

副作用

消化器への負担が大きく、胃腸障害の副作用が現れやすいです。長期間の使用は胃の不快感などの症状が現れ、悪化すると胃炎や胃潰瘍になる場合もあります。副作用が現れたときは使用を中止して、医師に相談しましょう。

インドメタシン配合のクリーム

インドメタシンには、クリームで皮膚に直接塗布するタイプもあります。湿布が貼りづらい場所に便利です。痛みを早く取りたいときにサッと塗れるのも助かります。

用法と用量

症状に応じて、適量を1日数回患部に塗布します。眼や粘膜には使用してはいけません。眼に入ったらすぐに水またはぬるま湯で洗い流し、医師に相談しましょう。2回分を一度に使わないようにしましょう。

副作用

副作用として、発疹やかゆみ、腫脹や熱感などが報告されています。症状が現れたら、使用を中止して医師に相談しましょう。

インドメタシン配合の湿布

インドメタシンが配合された湿布は、数種類市販されています。即効性があり、貼るだけなので重宝ですが、作用が強い分、副作用もあるので長期使用は避けた方がいいでしょう。

湿布の種類

インドメタシンが配合されている湿布は以下の通りです。

【サロンパスEX】

インドメタシンが3.5%配合されています。しなやか素材で、やさしい貼り心地です。かぶれにくいので、お肌が弱い方にもおすすめです。

サロンパスEX 40枚    1,220円  送料無料  amazon

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00D4M4PHU/kozureotokono-22/

【ハリックス55IDプラス】

インドメタシン0.5%配合です。冷感、温感の2種類あるので、患部の状態に応じて使用してください。全方向伸縮自在のニット素材で、身体の動きぴったりフィットします。

ハリックス55IDプラス 20枚    973円 送料無料 amazon

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000YZSJEK/kozureotokono-22/

【バンテリンコーワパップS】

インドメタシン0.5%配合で、縦横伸縮自在な高粘着パッドを使用しています。

バンテリンコーワパップS24枚 1,139円 送料別  サンドラッグe-shop楽天店

http://item.rakuten.co.jp/sundrug/4987067264100/?scid=af_pc_link_txt&sc2id=307927909

用法と用量

フィルムをはがし、1日2回を限度に、患部に直接貼付します。

・副作用と使用上の注意

副作用には、クリームと同じく皮膚の発疹やかゆみ、かぶれや熱感などがあげられます。連続して使用する場合は同じ場所を避け、ずらして貼るなどしてみましょう。長期間の使用は避け、痛みの根本治療をおすすめします。

ロキソニンとの違い

ロキソニンもインドメタシンと同じくシクロオキシゲナーゼ酵素を阻害し、プロスタグランジンの生成を抑える作用で、炎症や痛み、発熱を抑制する効果があります。ただ、インドメタシンが消化器官に負担をかけやすいのに対し、ロキソニンは「プロドラッグ」という活性の低い形態なので、体内で吸収されるまでは作用が出ないことから、非ステロイド性抗炎症薬に特徴的な副作用の胃腸障害は出にくいとされています。

用法と用量

ロキソニンは飲用の1種類のみです。1錠60mgを最大1日3回を限度に服用します。

効果効能と副作用

効果として、関節リウマチ、変形性関節症、手術後や外傷後・抜歯後の鎮痛および消炎や、急性上気道炎の解熱・鎮痛などがあげられています。

インドメタシンほどではありませんが、腹痛や吐き気などの消化器官系の副作用や、発疹などの皮膚症状が認められています。

フェルビナクとの違い

フェルビナクも非ステロイド性抗炎症薬で、こちらもインドメタシンと同じようにシクロオキシゲナーゼ酵素を阻害してプロスタグランジンの生成を抑える作用により、炎症や痛み、発熱を抑制します。両者は化学的な構造が違うだけで、効能にはほとんど違いはありません。

用法と用量

フェルビナクは湿布やテープ、塗り薬などの外用薬で販売されています。1日2回、患部に塗布します。

効果効能と副作用

フェルビナクには基本的にインドメタシンと同じ効能があります。炎症や痛みを素早く鎮める作用があります。あくまでも対症療法なので、長期連用は避け、根本治療をしっかり行いましょう。

インドメタシンの効果は抜群!副作用には要注意

インドメタシンは、即効性に優れた鎮痛剤です。炎症、傷み、発熱を鎮めますが、根本的には治せません。痛みの原因になった病気を治療することが必要です。治癒までの不快な症状を抑え、日常生活を過ごしやすくするために有用で、うまく使えば、とても便利なお薬と言えます。