ユンケルを熟知して効率よく効果を得よう!種類と飲み方を徹底比較

栄養ドリンクの代表格ともいえるユンケルには、知られざる驚くべき効果が満載!?全32種類もあるこだわりの秘密とは?効果的に飲用することで忙しいあなたをしっかりとサポートしてくれます。最近体調が優れないのは身体が悲鳴を上げているのかも!

飲む前に!ユンケルについて知っておこう

「栄養ドリンクはどれも成分が似ている」「栄養ドリンクはどれも同じ」という方も多いのではないでしょうか。ユンケルは他の栄養ドリンクに負けない強いこだわりや、多くの歴史があるといわれています。

こんな効果もあったの?と思わず驚いてしまうユンケルの秘密を、まずは飲む前にご覧ください。

“ユンケル”の意味

ユンケルの語源は、ドイツ語のユンカー(Junker)から来ており、日本語にすると「貴公子」という意味があります。
またユンケルのパッケージは金色が特徴的ですよね。金色は中国で古くから「最高のもの」という意味をもっており、それにちなんでパッケージを金色にしているそうです。

ユンケルの含有成分

全てのユンケルに共通する成分はありません。1本1本その人の悩みに合わせたものを提供するために、様々な成分が配合されているのです。

全てのユンケルに共通するわけではありませんが、特によく含まれている成分が「ローヤルゼリー」です。ローヤルゼリーは栄養価が高く、ビタミンやアミノ酸が豊富に含まれているため、疲労回復や生活習慣の改善、美肌効果など女性に嬉しい要素が満載となっています。

用法と用量

ユンケルには1日1本という摂取上限があります。「疲れたから今日は2本飲もう」ということは控えましょう。
また15歳未満のお子様は服用できない種類があります。服用する場合は「ユンケルジュニア」というカフェインが抑えられた商品が販売されているので、必ずそちらを選びましょう。

飲用する時の注意点

お酒を飲んだ後に飲用すると、血圧が極度に上昇する恐れがあります。そのため、アルコールを摂取したあとは飲むことを控えましょう。

ユンケルのこだわり

ユンケルはなんといってもこだわりが違う!独自のノウハウや長年培ったものがあるからこそ、ここまですごい効果を発揮できるのです。

長年培った「バランス処方」

日常生活が忙しく、つい乱れた食生活を送ってはいませんか?ユンケルは食事では補いきれないビタミンや疲れた体にピッタリな生薬を配合しています。

生薬は「細胞等の酸化を防ぐ」「血流をよくする」「抵抗力をつける」の3つの点に着目し、厳選しているのがユンケルのこだわり。ターゲットに合わせてバランスよく、最も効果的な作用を提供するために、様々な商品を展開しています。

生薬のすぐれた効果をそのままに

ユンケルは、高品質な生薬を提供するために栽培、収穫、入荷、選別を徹底管理しています。原料の保管方法や抽出方法にこだわり、生薬の良さをそのままの品質で提供するというこだわりです。

独自のノウハウと最新技術で製造

不純物を丁寧に取り除き、その一滴一滴にこだわりを持っているユンケル。長年培ったノウハウを活かし、独自の製法と最新技術で製造しています。

ユンケルの種類はたくさんあった

ユンケルの特徴の1つとして挙げられるのは、驚くべき種類の多さです。1本1本こだわりを持って製造された商品を厳選してご紹介します。

毎日飲むなら「ユンケル黄帝シリーズ」

忙しい毎日を健康に過ごしたいなら「ユンケル黄帝シリーズ」がオススメです。「気付くとため息ばかり」「大事な時に眠気が襲ってくる」という方は疲労が蓄積されているのかも。疲労を明日へ持ち越したくない方には、栄養とエネルギー補給を兼ね備えた黄金シリーズがオススメです。

エネルギー補給なら「ユンケルファンティー」

大切な場面を全力で臨みたい方にピッタリなのが「ユンケルインフィニティー」。重要な会議や大会など「ここぞ!」という時にあなたの強い味方になってくれます。「本当に辛い」「ここは外したくない」そんなときにたまった疲れを一気に解放してくれる一本!

本当に疲れたら「ユンケルスター」

疲労が蓄積され、本当に疲れたと感じた時、ここ一番の大勝負の時にオススメしたいのがユンケルスター。15種類の生薬とビタミンが配合されており、ユンケルの中でも一際高級感あふれる商品です。激しいスポーツの際にもピッタリ。

栄養補給には「ユンケル黄帝ロイヤル」

「毎日残業続き」「長時間労働」知らず知らずのうちにあなたの身体は限界が近づいているかも?責任感が強く、「仕事を休めない」そんな疲れを取ることができないあなたのエネルギー補給にはユンケルファンティーがオススメです。

頑張る女性には「ユンケル黄帝Lシリーズ」

仕事、家事、育児…様々な場面でマルチに活躍する女性は知らないうちに疲労やイライラが蓄積されているかも!ユンケル黄帝Lシリーズは、女性の肌に嬉しいローヤルゼリーがたっぷりと配合されており、刺激が少なく飲みやすいタイプで大人気の商品。疲れからくるガサガサ肌に効果が期待できます。

ユンケルから得られる効果

ユンケルから得られる効果とは具体的にどのようなものがあるのでしょうか。気になるユンケルの効能について下記で詳しくご紹介していきます。

滋養強壮

滋養とは体の弱っている部分に栄養を行き届かせる働きのことをいい、強壮とは精神面を元気にする働きのことをいいこの二つの単語が一緒になった言葉を滋養強壮といいます。
ユンケル全ての製品に滋養強壮成分が含まれていることから、ユンケルは体が疲れているときに飲むと効果的といわれています。

疲労回復

ユンケルには血流を良くする効果や抵抗力をつける効果があるため、風邪を引きにくい体作りや疲労回復効果が高いといわれています。

栄養補給

ユンケルに含まれている植物性生薬が体の不足がちのビタミンを補給してくれる効果があることから、ユンケルは食欲不振や栄養障害の場合などにも効果を発揮するそうです。
また、発熱性消耗疾患を患っている方やホルモンバランスが崩れやすい妊娠授乳期などにも効果が期待できます。

虚弱体質

身体が弱い方は少しずつ体を動かしていきましょう。体の基盤となる基礎体力を高めることで虚弱体質を改善することができます。
運動後にはユンケルを飲用し、生活習慣にはずみをつけると良いかもしれませんね。

ユンケルの効果的な飲み方とタイミング

あなたが望む効果によって、飲むタイミングは異なることをご存知でしたか?より効果を得るために、ベストなタイミングを見極めましょう。

脳を活性化を期待するなら「出勤前や通学前」

頭がぼんやりする…その症状は脳に送られる糖分が不足していることが原因かもしれません。栄養ドリンクには糖分やカフェインが含まれています。糖分は脳を活性化させ、カフェインは周知の通り眠気を覚ます覚醒作用があります。

上記のことからシャキっとして出勤、通学したい場合は、栄養ドリンクがピッタリといえます。

二日酔い予防なら「飲酒の前」

ユンケルに含まれているビタミンや、滋養強壮作用はアルコールの分解を助ける働きがあります。翌日にも仕事が控えている場合や大切な予定がある場合は、二日酔い対策としてユンケルを飲むと良いかもしれません。

初めての挑戦や疲労回復なら「就寝前」

就寝中は、最も疲労が回復しやすいタイミングだといわれています。疲労が蓄積している人は就寝前にユンケルを飲み、生薬やビタミンで栄養を補給てし、疲労回復を助長する効果が期待できます。

また、翌日に大勝負が控えている場合、ユンケルを就寝前に飲んで万全な体制で臨むと良いかもしれませんね。

ユンケルは風邪に効果的なのか

風邪の際に栄養ドリンクを飲用する方も多いのではないでしょうか。病中病後にはまさにユンケルがピッタリ!豊富に含まれている栄養素が風邪をしっかりと治すサポートしてくれます。

医薬品の方のユンケルで効果も期待

ユンケルは、第2類に分類される栄養ドリンクも展開しています。第2類に分類される栄養ドリンクは、医薬品として定められています。そのため、臨床試験を通して医学的観点から効果が期待できるとされています。

通常の栄養ドリンクでは効果が感じられない方に是非オススメしたい栄養ドリンクとなっています。

ローヤルゼリー配合で風邪も回復

ローヤルゼリーはミツバチの分泌物であり、ミネラルやビタミンなどさまざまな有効成分が含まれていることから疲労回復にとても効果があるものです。
また日頃から飲用することで免疫力が上がり、風邪を引きにくい体づくりをすることができるため、風邪を引く前から飲むことも効果的です。

二日酔いに効果的ってホント?

羽目を外してお酒をたくさん飲んでしまうこともありますよね。翌日が辛いと分かっていても飲みすぎてしまうという方必見!ユンケルは二日酔いにも効果が期待できます。

二日酔いに効く理由

ユンケル黄帝ロイヤルなどに含まれている牛黄(ごおう)は、肝臓を保護し、腸の役割を活発にさせるため、二日酔いに最適だといわれています。また、ユンケルに含まれているカフェインは利尿作用があるため、アルコールを排出する手助けもしてくれます。

ユンケルに含まれる二日酔い予防成分

「飲む前に飲む」このキャッチフレーズを耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。
ユンケルに含まれているタウリンという成分は、肝臓機能を補助してくれるといわれています。その結果アルコールの分解速度が速まり、二日酔い予防に効果が期待できるそうです。

ユンケルの効果がでやすい時間帯とは

栄養ドリンクを飲用する上で、効果時間は大切ですよね。どのくらいで効果が表れるの?持続時間は?気になる疑問を一気に解決!

効果が出るまでの時間はどれくらい?

効果を実感するまでに早くて30分、長くて1時間を目安にすると良いといわれています。成分が身体に浸透するまでに時間を要するため、飲んだ直後に効果が表れるわけではありません。また、人によって効果を実感するまでの時間は異なるため、焦らずにゆっくりと効果を待ちましょう。

ユンケルの効果持続時間はどくれくらい?

効果の持続時間に関しても、人によって様々だといわれています。一般的には3~6時間は効果が持続するそうです。ただし、栄養ドリンクは尿と一緒に排出されてしまうため尿意が近い方は持続時間が弱まりがちです。

効果持続を種類別で比較

ユンケルの種類によって効果持続時間や効果が出るまでに要する時間に差があるとの口コミが見受けられました。ここでは、そんな口コミの一部をご紹介していきます。

①:ユンケル黄帝シリーズ

ユンケルの代表的ともいえる黄帝シリーズの気になる効果持続時間は、体質やその時の健康状態などにより人によってさまざまです。気になる口コミをみていきましょう。

効果持続時間

  • 日頃からユンケルを飲むことが多く、持続時間は約1時間。
  • 体感的にだいたい1~2時間は持続していると思う。
  • ここぞという時に飲んで毎回3時間ほど持続している。

効果が出るまでの時間

  • 飲んで30分ほど経ったら体が熱くなってきた。
  • 30分~1時間ほどで効き目を感じる。
  • 1時間くらいで眠気が覚めた。

②:ユンケルファンティー

疲労回復に効果を発揮するユンケルシリーズのなかでも特に人気のあるユンケルインフィニティー。さっそく効果時間を見ていきましょう。

効果持続時間

  • だいたい3~4時間ほど。黄帝シリーズより効果が持続する。
  • 夜飲んで朝まで効果を実感できた。気の持ちようかな?
  • 少し値段が高いこともあり、5時間ほど。さすがとも言うべきか。

効果が出るまでの時間

  • 30分くらいで効き目が実感できる。
  • 最初はすぐ効いてたけど、飲み続けると体が慣れてくるせいか1時間はかかる。
  • 1時間ぐらいで急に元気になるのでだいたいそのくらいかな?

③:ユンケルスター

ユンケルシリーズの中でも最も高級感溢れる商品のユンケルスター。その効果も疲労回復や集中力持続など私たちの助けとなる要素がたくさん詰まった医薬品です。
疲れがたまってなかなかぬけないという場合は、ユンケルスターが一番適しているといわれています。

効果持続時間

  • 約5時間効果が持続した。
  • 即効性があり、風邪の時飲んだら翌日回復した。
  • 他の栄養ドリンクは効き目が薄いが、そんな私でもユンケルスターは3時間効果が持続した。
  • とにかく即効性が高い。4時間ほど集中力が途切れなかった。

効果が出るまでの時間

  • 30分~1時間ほど経ったらテンションが上がってきた。
  • 30分ほどで目が覚めた。
  • 私は効果がでるまで2時間かかった。

寝る前にも?!カフェイン入りなのに…

ユンケルを就寝前に飲んで疲労を回復させる人が急増しているといわれています。確かユンケルにはカフェインが含まれていたような?…寝る前にも飲めるその理由とは?

寝る直前に飲んでも眠れるの?

基本的に寝る直前に栄養ドリンクを飲むことはオススメしません。栄養ドリンクに含まれているカフェインは、脳を興奮状態にさせる作用があります。そのため、寝つきが悪くなる、夜中に何度も起きてしまうなどの症状が表れてしまう可能性があります。

しかし、カフェインレスである「ユンケル黄帝液DCF」は就寝中に疲労を回復させたい方にピッタリ。翌日に爽快な目覚めが期待できるかもしれません。

ユンケルの”即効性”とは?

疲れたとき、風邪で体調を崩しているとき、医薬品を飲んで私たちが第一に求めることは、即効性があるかどうかではないでしょうか。ユンケルの気になる即効性についてご紹介します。

疲労回復に対する即効性

ユンケルは疲労回復効果の細胞の酸化を防ぐ、血流をよくする、抵抗力をつけるの3点に特に力を入れており、疲れに合わせて効果を発揮できることが特徴です。個人差はありますが、30分~1時間ほどで効果が現れる方が多いそうです。

風邪の回復に対する即効性

ユンケルは、風邪などの辛い症状にも効果が期待できます。
即効性が強く効果が持続するので、翌日には体調回復が望めるという多数の意見が見受けられました。

滋養強壮に対する即効性

体質を改善するためには正しい生活習慣を送ったり適度な運動を行うことが不可欠です。ユンケルは滋養強壮に効果的な成分が豊富に含まれているため、少しでも早く健康になりたいと願うあなたをサポートしてくれます。

ユンケル飲用時の”コレ大丈夫?

どんなに体に良い飲み物でも用法容量を守らなければ、体に悪影響を及ぼす可能性があります。
以下の点に注意して、正しく飲用しましょう。

妊婦や授乳中の飲用

妊娠中の方や授乳中の場合、なにかと食べるものや飲み物に制限されがちですよね。ユンケルは妊娠中でも栄養補給用品として飲用することができます。

毎日飲み続ける

ユンケルで摂取した栄養素は尿によって排泄されるため、飲んだものが残り続けるということはありません。そのため毎日飲み続けることで健康状態を維持することができるといわれています。

1日2本

ユンケルは1日1本の摂取を基準としています。
飲みすぎるとカフェイン中毒や高血圧の恐れがあるため、1日に複数本飲むことは控えましょう。

他の飲み物と混ぜて飲む

他の飲み物と混ぜることによって成分が変化するといったことはありません。体に悪影響もないため、可能だとされています。ただし、カフェインが多く含まれているものや、アルコールが含まれているものと混ぜるのは控えましょう。

薬と一緒に飲む

ユンケルは風邪薬などと併用しても問題はありません。
しかし風邪薬とユンケルの成分が合致している場合、その成分を過剰摂取してしまう恐れがあります。長期間併用する場合は専門医に相談しましょう。

子供や高齢者の飲用

お子様がユンケルを飲用する場合は、5歳から飲めるユンケルジュニアを選びましょう。
高齢の方は飲んだあとの副作用や肝臓への負担が強くなるため、飲用の際は専門医にしっかり相談してから飲むようにしましょう。

ユンケルの効果はスゴかった!毎日飲んで元気を手に入れよう

いかがでしたでしょうか。上記の通り用法容量を守れば、ユンケルは疲労回復や生活習慣の改善など、様々な面であなたをサポートしてくれます。つい頑張りすぎてしまうあなたに、まさにピッタリの栄養ドリンクと言えるのではないでしょうか。

ユンケルを毎日飲んで生活に弾みをつけ、健康に対する強い味方を取り入れてみてはいかがですか。